リフォームや解体前のアスベスト含有調査が厳格化

無料見積・ご相談 電話で相談
blog

梅雨前に屋根の点検をうたう訪問業者は要注意!

  • お知らせ





梅雨の時期が近づくと、悪徳屋根修理業者が「屋根の無料点検を行います」などと謳い、訪問営業を行うケースが増えます。

特に、埼玉県の春日部市では、実際に屋根に上がって壊れていない屋根を踏んづける・ひび割れさせるなどし、

あたかも屋根に元々傷があったように診断し、高額な修理費を請求する悪質な業者が横行しているという情報が寄せられています。

このような業者の言葉に惑わされず、冷静な判断をすることが重要です。


悪徳業者の手口

このような屋根業者が訪問してきたら要注意です。

  • 梅雨になる前に屋根を修理しない」と雨漏りすると不安を煽る
  • 屋根に上がらせて欲しい」と強要してくる
  • 「今日修理すれば安くなる」と割引を誇張する

 


訪問業者の言うことを信じてしまう人が多い

残念なことですが、悪徳業者による屋根修理を契約してしまってから、弊社にご相談いただく方も少なくありません。

屋根は構造上、家の周りからは全体が見えません。築20年・30年もなれば経年劣化や汚れが溜まっている部位もあるでしょう。

日常的に屋根の状況が分からないので、屋根の専門家と称する人物が「お宅の屋根が捲れ上がっていますよ」「お宅の瓦が落ちていましたよ」と言ったら信じてしまうかもしれません。

しかし、一度屋根に登ってしまうと、下から見えにくいことを逆手に取って、故意に屋根を破壊する可能性があります。

損傷した屋根の写真を見せられても、本当にもともと傷んでいたのか、その業者が付けたものかは一般の方は判断できないでしょう。

悪徳業者に騙されないために

悪徳業者の訪問に騙されないためには、以下の点に注意しましょう。

  • 訪問営業業者には、屋根に上がらせない・家に入れない
  • 複数の業者から見積もりを取る
  • 修理費が高いと感じたら、契約をしない
  • クーリングオフ制度を利用できる
  • 春日部市の消費生活センターに相談する

 

屋根修理は地元の業者へ

ご自宅の屋根の状態に合わせて最適な修理をするには、地元で経験豊富な業者に依頼されるのがおすすめです。

地元での知名度ホームページや口コミの内容もチェックしましょう。

特に建設業登録がされている業者か屋根修理にかかわる資格(かわらぶき技能士や窯業サイディング塗り替え診断士など)を持っているかアフターフォローはしっかりしているかなど確認できると良いでしょう。

屋根のオガワのホームページでも、施工事例お客様の声を掲載していますので、ぜひこちらもご覧くださいませ。



梅雨時期は、雨が降り続くため、屋根や外壁に負荷がかかりやすく、雨漏りしやすい時期です。

特に、築年数が経過した住宅や、日頃からメンテナンスを怠っていた住宅は、雨漏りのリスクが高くなります。

また、9月~10月の台風シーズンも、強風と豪雨が住宅に大きな被害を与える可能性があります。

突風によって屋根瓦が飛ばされたり、雨樋が詰まったりすることで、雨漏りが発生することがあります。

屋根の傷み具合や雨漏りの心配がある方は、雨漏りが発生する前に、地元の業者に診断を依頼されると良いでしょう。

ぜひ参考にされてみてください。